スタッフblog

MAKUDENスタッフが更新しています。
継具シリーズをはじめ、おすすめの家具などの紹介を不定期で配信しています。

ヤマカワラタンのアーカイブ

なんとなく懐かしい感じがする、しっくりくる・・・
この椅子がMAKUDENに初めて入荷した時の私の第一印象です。


岩倉榮利 デザイン

アームチェア CD-886

DSC09876.jpg

今回は、2回に分けてこの椅子の特徴をお伝えしようと思います。

この椅子はインドネシアで製造され、ラタン(籐)で作られています。
ラタンは熱帯雨林地域のジャングルに自生する、非常に生命力の強い史上最長の植物です。
旅行に行った際に、旅館で籐の椅子に座ることもよくありますし、
実家では私の母親が鏡台用に籐のスツールを30年近く使用しています。

私にとってこの籐の椅子はすごく親近感を感じます。

CL-985image.jpg籐の特徴は、「軽さ」と「柔らかさ」に対し「強さ」という特徴も持っているので、
割れにくくとても丈夫です。

さらに、驚くのはこの椅子の軽さです。
なんと「3.8kg」!

ちなみにMAKUDENで人気のSC3Aチェアが5.4kg。

DSC_6568.JPG
そして、座りの心地良さ。

籐がしなってくれるので、座る人に合わせてフィットしてくれます。
お尻が痛くなく、長時間楽に座って頂けるのが特徴。
ダイニングでゆっくりお酒を飲んだり、会話を楽しまれる方にもご好評です。

現在使っている椅子が重くて替えたい方に、是非お試し頂きたい一脚です。



店長 牧田

引き続き、フルーツボウル コレクションについてご紹介します。

フルーツボウルはラタン家具のイメージが変わる、世界に誇る逸品です。
高い品質が求められる高級旅館などから高い支持を集めている所以をご紹介します。

DSC03739.JPG
フルーツボウルを製作する『ヤマカワラタン』。
1952年、桑沢研究所を卒業した山川譲によって『山川ラタン製作所』として創業されました。
1964年にはデザイナー剣持勇と製作したスツールがミラノトリエンナーレにて金賞を受賞。
その後、インドネシアにてデザイン指導を経て、
2002年、インドネシアに現地製造工場を立ち上げました。


特筆すべきはラタン(籐)の質の良さです。

フルーツボウルに使用されているラタンは無着色です。
色にムラのある部分は一切使用せず、白くきれいな色の部分だけを採用します。
美しい白色のラタンは少なく、非常に希少です。

一般的なラタンは色ムラを隠す為に着色します。
着色する必要がない、上質なラタンを使用しているのが見て取れます。

DSC03695.JPG着色していないので、自然素材ならではの経年変化を楽しむことができます。
年々飴色のように色を深め、魅力的に成長します。

上質なラタンは毛羽立ちやささくれが無く、良い製品である証しなのです。

DSC03706.JPG
フレームの枠には太いラタンを曲木で製作します。
ラタンは蒸気で蒸すことで、自在に曲げることができます。
枠組みである太いラタンに、芯の部分を丸く紐状にしたラタンを編んでいきます。
丁寧に編込まれ、仕上がりは目を奪われるほど美しいです。

DSC03735.JPGhiroomi_tahara_fruit_bowl09.jpgすべての商品にはシリアルナンバーが付けられます。

各製造工程での担当者がはっきりとわかるシステムを採用し、責任を持って製作しています。

DSC03732.JPGこうした徹底した品質管理と高い技術で、高級旅館などから高く支持され続けています。

一般的なラタン家具とは明らかに一線を画します。

「フルーツボウル」の魅力

| コメント(0)

この度新しく入荷しました「フルーツボウル」
ヤマカワラタンによる、世界中で支持される美しいデザインはラタン家具において今世紀の名作と呼ばれています。

DSC03746.JPG
そんなフルーツボウルの魅力を詳しくご紹介します。


見事に美しい曲線

"フルーツボウル"のフォルムをした丸みを帯びたフォルムをラタンで見事に表現しています。
細いラタンを職人によって手作業で丁寧に編込むことで実現しました。

また、座クッションまわりの凹みの曲線がアクセントとなっています。
フルーツボウルのデザインアイコンであると同時に、クッションのレイアウトがしやすく、
デザイン性と機能性を両立しています。
  DSC03801.JPG  DSC03716.JPG

上質なラタン

ヤマカワラタンでは、厳選した上質なラタンのみを採用しています。
元々ラタンは非常に生命力が強い植物です。
木材が生長サイクルに50~70年を要するのに比べ、ラタンは自生するジャングルが保護されている限り、採ったあと5~10年で再生するほどです。環境にも優しい資源なのです。

フルーツボウルに採用しているラタンは着色をしていません。
色むらの無い白いラタンのみを厳選し、着色で誤魔化したりは一切しません。
着色していないからこそ、自然素材ならではの経年変化も楽しむことができます。
使い込むことで飴色に変化をし、魅力的なツヤが生まれます。

DSC03803.JPG
オリジナリティのあるカラーリング

張地は色鮮やかな50色ものファブリックからセレクトできます。
商品名の通り、様々な色を組み合わせて果物を盛り付けるようにカラーコーディネートを楽しめます。
定番の3通りの色配色以外にもお好みに応じて色は指定できます。

NC生地サンプル.jpg

豊富なサイズバリエーション

お住まいに応じてサイズをお選び頂けます。
最も大きなサイズ幅240cm、
日本住空間に合わせやすい幅210cm・180cm、
パーソナルソファも幅106cmと86cmの2通りございます。2013.12.20_sofa_aligned2100[1].jpgIMG_738 low.jpg同シリーズのセンターテーブルも4通りあり、様々なお部屋に合わせられます。

hiroomi_tahara_fruit_bowl07.jpg

同シリーズのセンターテーブルもサイズが4通り、オットマンは2通りございます。
尚、オットマンの天板はガラスが付きます。


世界を見渡しても、唯一無二のデザインで、
リビングで過ごす時間が楽しくなる、おしゃれ心をくすぐるソファです。
こなれたインテリアを演出すること間違いなしです。
リビングの主役として、おすすめの"フルーツボウル"です。

高度な技術のハンドメイドと現代のデザインが融合した今世紀の名作
ヤマカワラタンの『フルーツボウル コレクション』が入荷しました!

名古屋東海地区唯一の展示販売店です。

DSC03739.JPG【3人掛】
サイズ:W210×D80×H70×SH39(cm)
素材:ラタン
価格:¥486,000(税込)


DSC03767.JPG【1人掛】
サイズ:W86×D68×H70×SH39(cm)
価格:¥194,400(税込)




デザインはミラノ在住の日本人デザイナー田原洋臣。

国際的に最も権威のあるデザイン賞であるred dot design awardをはじめとする国際デザイン賞を多数受賞しています。
ラタンの持つしなやかさを活かし、優しい印象もながらもエレガントで力強い雰囲気を持っています。
美しい丸みを帯びたフォルムが美しく、品の良さも感じさせます。
  DSC03716.JPG  DSC03703.JPG
ソファの座面まわりの凹みはデザインアイコンであると同時に、クッションを並べて組み合わせることができます。

名前の通り、フルーツボウルに果物を盛り付けるように様々なサイズや色のクッションを散りばめて
華やかなにコーディネートして頂けます。


ラタンは主にインドネシアの熱帯雨林に自生する植物です。
日本では籐と呼ばれ、古くから家具の素材として親しまれています。
環境に優しい自然素材で、ナチュラルな風合いや使い込んでいく楽しさがあります。
さらに、上質なラタンのみを厳選し、職人たちによって丁寧に手作業で編み上げています。

hiroomi_tahara_fruit_bowl09.jpg
素材の魅力を存分に活かしながら、他にない魅力的なデザインになりました!
丸みを帯びた愛らしい曲線"フルーツボウル"のフォルムがお部屋を華やかに彩ることでしょう。

DSC03746.JPG

  • 1

アーカイブ