スタッフblog

MAKUDENスタッフが更新しています。
継具シリーズをはじめ、おすすめの家具などの紹介を不定期で配信しています。

なんとなく懐かしい感じがする、しっくりくる・・・
この椅子がMAKUDENに初めて入荷した時の私の第一印象です。


岩倉榮利 デザイン

アームチェア CD-886

DSC09876.jpg

今回は、2回に分けてこの椅子の特徴をお伝えしようと思います。

この椅子はインドネシアで製造され、ラタン(籐)で作られています。
ラタンは熱帯雨林地域のジャングルに自生する、非常に生命力の強い史上最長の植物です。
旅行に行った際に、旅館で籐の椅子に座ることもよくありますし、
実家では私の母親が鏡台用に籐のスツールを30年近く使用しています。

私にとってこの籐の椅子はすごく親近感を感じます。

CL-985image.jpg籐の特徴は、「軽さ」と「柔らかさ」に対し「強さ」という特徴も持っているので、
割れにくくとても丈夫です。

さらに、驚くのはこの椅子の軽さです。
なんと「3.8kg」!

ちなみにMAKUDENで人気のSC3Aチェアが5.4kg。

DSC_6568.JPG
そして、座りの心地良さ。

籐がしなってくれるので、座る人に合わせてフィットしてくれます。
お尻が痛くなく、長時間楽に座って頂けるのが特徴。
ダイニングでゆっくりお酒を飲んだり、会話を楽しまれる方にもご好評です。

現在使っている椅子が重くて替えたい方に、是非お試し頂きたい一脚です。



店長 牧田

DSC09885.jpg

家具デザイナー「岩倉榮利」

30年前のデザイン。
おおかた30年前のデザインの印象は?とお尋ねすると、
「古い」「今の時代にそぐわない」「ピーンとこない」
この様なご意見が多い。

しかし、岩倉榮利デザインは、廃番、生産中止にならず
作り続けられている商品が沢山あります。
作り続けられているには訳があります。

「お客様に30年間愛され続けられた商品であることです」

岩倉榮利デザインは、美しい!
いつの時代においても輝いています。

30年間経っても飽きない商品を一度、目で見て、座って感じてから
家具選びをされるのは如何でしょうか?





KARAS

KARAS.jpg

1982年にデザイン。1984年に日本インテリアデザイン賞受賞

カウンターテーブルが普及していない時代にもかかわらず、
大ヒットしハイスツールの先駆けとなった。

665169_5ae06f70bb1941b5aec4d1d4397a8622[1].jpg

KAMUI

KAMUI.jpg

1984年にデザイン。
アイヌ語で「神」という意味をもつ「KAMUI」という言葉に由来された。

665169_5c89e2b3f16f4c60b53fd062a050f8b8[1].jpg

KABUTO

KABUTO.jpg

1986年にデザイン。1987年にマガジンハウス「デザイン・オブ・ザ・イヤー」受賞
日本の兜をイメージしてデザイン。

665169_5741391aa5634865b183c10dcb73707b[1].jpg

KABUTO (cordovan)

KABUTOCORDVAN_IV_001.jpg

1992年に追加デザインされ日本とイタリア同時発売。
1995年にグッドデザイン賞受賞

スチールと革の組み合わせでシャープな中に温もりが感じられるデザイン。
スタッキングも可能としています。

665169_ab3d2c0e7d234b6791162dab83160605[2].jpg

幕傳5階にてフルラインナップにて展示中です。


お気に入りの家具を大切に使い、子から孫まで使って頂きたい。
このような家具が幕傳には沢山あります。
是非のご来店お待ち申し上げます。


株式会社幕傳

代表取締役 吉田憲生

美しい革張りソファ登場!

| コメント(0)

トップ家具デザイナー岩倉榮利による
新作革張りソファ待望の第2弾がついに登場しました!

DSC_6590.JPG写真ソファサイズ:W240×D102×H63×SH38(cm)
張地:本革(一部合成皮革)
脚:ウォールナット材
価格:¥232,200(税込)

※W205もございます ¥201,800(税込)
※張地は本革張りの白革・黒革からお選び頂けます



曲線を用いたエレガントなラインが印象的なデザインです。
スタイリッシュでありながら、優雅な雰囲気も感じさせるラグジュアリー感満載のソファです!

奥行が広く設計された座面には、男性も余裕を持ってあぐらをかけます。

そして、背もたれのクッションは好きな位置に置いて使える置き型タイプです。
背クッションが固定されていないので、重ねて使ったり、斜めにずらしたり、
座る人の姿勢に合わせて背当たり感をカスタマイズすることができます。

いつも同じ姿勢で座るわけでもないですし、
家族それぞれソファでの過ごし方も違うものなので、
背クッションで座り心地を変えられるのはとても便利です。

DSC_6649.JPG背クッションはボリュームがあるソフトな感触で、
背中全体にフィットしてとても快適です!
ソファで姿勢を崩してゴロゴロする人や寝る人にぴったりです。


ご夫婦おふたりでゆったり過ごしたいという人には、
こんな使い方もおすすめです。


DSC09988.JPG幅240cmと幅広ソファなので、元々左右に分解式になっています。
その分かれるところにサイドテーブルを挟んで設置します。

一般的に、サイドテーブルはソファの左右どちらかにひとつ置かれます。
写真のように真中に挟んでおけば、座っているふたりとも手元にテーブルがあることになり、
ソファでのくつろぎ時間をすこしでも邪魔されずに過ごすことができます!
見た目にもすっきりと見えます。


同時に登場したのが、パーソナルチェアです。
高級感のある木枠(ウォールナット材)と頭までもたれられる理想的な座り心地です!

DSC_6692.JPG写真商品サイズ:W71.5×D90×H93×SH40(cm)
木部:ウォールナット材
張地:本革(一部合成皮革)
価格:¥91,600(税込)

※オットマン別売り¥24,500(税込)
※張地は本革張りの茶革・白革・黒革からお選び頂けます
※木部はオーク材もございます
 パーソナルソファ¥77,200(税込)/オットマン¥21,400(税込)


厚みのある無垢材とこの座り心地で10万円以下を実現した驚きのクオリティです!
背中のフィット感と頭までもたれられるサイズ感で、
登場して間もないですが大変人気を集めています。

DSC_6689.JPG木枠ならではの、後姿も見応えがあります。
リビングは勿論ですが、寝室や書斎にもおすすめです。



L字型でレイアウトしたい場合は、第1弾の革張りソファがございます。

シンプルモダンなデザイン性と、
背もたれのクッションが2重になったダブルクッションで人気のソファです。
背クッションを重ねると腰にフィットして姿勢良く座れ、
ひとつ外すと上であぐらをかけるほど奥行きが広く使えます。

DSC_4803.JPG写真商品サイズ:W265×D103-163×H80×SH40(cm)
張地:本革(一部合成皮革)
木部:オーク材
セット価格:¥414,100(税込)


注目すべきは3人掛けのスタイル。
一般的な3人掛けソファは両側に肘がついていますが、このソファは片方にしか付いていません。

そこで、サイドボックスを横に並べて置きます。

DSC_4860.JPG写真商品サイズ:W197×D103×H80×SH39(cm)
張地:本革(一部合成皮革)
木部:オーク材
セット価格:¥253,700(税込)

片側の肘がサイドテーブルになることで、リモコンや飲み物などが置きやすく、
ソファでくつろぐ時に身近に欲しい雑誌や本、こどものおもちゃなども片付けておくことができます。

横になりたい時はサイドボックスを外せば足を伸ばしやすくなり、
ソファで過ごす時間をより快適にしてくれることでしょう!



ご紹介させて頂いたソファはすべてMAKUDENで実際にお試し頂けます。
待ちに待った岩倉榮利の新作革張りソファを体感しにいらしてください。

謹賀新年

DSC09872.jpg

明けましておめでとうございます。

旧年中は格別のご愛顧を賜り誠にありがとうございました。
今年も、家具と真摯に向き合い、デザイナー、職人さんの想いも
一緒にお届けする幕傳であるために日々励んでいきます。

本年もよろしくお願い申し上げます。


平成28年 元旦

株式会社 幕傳
代表取締役 吉田憲生

今年、私は家具をとおして今までで一番多くの方に出会うことができ、
また、皆様と幕傳スタッフに支えられいるのを実感した一年でした。

来年も「幕傳に関わるすべての人々に感謝し思いやりと助け合いの気持ちを忘れず
家具・インテリアで暮らしを豊かにしみんなを幸せにします。」(幕傳経営理念より)

DSC09866.jpg


2015年10月1日、お披露目、能登和倉温泉 加賀屋別邸 「松の碧」

館内は美術品ばかり。しかもまじかに見れるのでとても勉強になります。
時間を忘れ、時が経つのも早いものです。

DSC09978.jpgDSC09988.jpg


「松の碧」総合プロデューサー瀧勝己の空間に癒されながら、
空間でひときわ輝いている家具デザイナー岩倉榮利の
家具デザイン力を再確認しなら歩き回っていました。


最後は「お部屋」

今回、特別室を見せてもらえたのでご紹介します。


おっと!楽風庵(RAFUAN)!
片肘ソファ。しかも新色白革。

幕傳展示モデルは黒革です(一番上の写真)。黒革より白革の方が更にモダン!
楽風庵には1人掛けありますが、同じではなくロックストーン 「BOWSEN」(緑の張地)を
合わせ空間を和でありながら、洋を感じることができます。

レイアウトはまさに瀧マジック!

DSC09975.jpg奥に見える籐素材のダイニングチェア はROCK STONE 「CAPONE」チェア。

約20年来のデザインでありますが今も新鮮で癒されます。
楽風庵、CAPONE 共に、「編み込む」をテーマにしているのでベストマッチ。

約10年前発表「楽風庵」と 約20年前発表「CAPONE」が合うのは、
岩倉榮利の真のあるデザイン力です。

ご興味のある方、幕傳にて展示してあるますので是非ご体感ください。

お部屋3.jpg日本の畳のイメージを「い草」ではなく「革」を編み込むことによって表現しています。

ヨーロッパ的なモダンデザインのシルエットの中に日本的要素が感じられるデザインは
国際見本市で金賞を受賞するなど国内外で高い評価を得ています。

2003年東京国際家具見本市アワード金賞

2005年グッドデザイン賞受賞

Cebu International Furniture & Furnishings Exhibition

Mugna Award for Furniture Design 受賞



寝室も素敵です。

お部屋2.jpg下記は、CAPONE ホワイトバージョン。
ソファは、座布団のような、ふわっとした心地良さなので、とても癒されます。

ROCK STONE 「e-sofa」

お部屋.jpg

総合プロデューサー 瀧勝巳

大阪生まれ。25歳よりインテリア業界で空間デザインを学び、
2000年独立し滋賀にインテリアショップ「aula」オープン。
その後、数々のインテリアショップを手掛け、
2003年に表参道ハナエモリビル「ラ・ユンヌ表参道」総合プロデュース。
2007年には東京ミッドタウン「THE COVER NIPPON」総合プロデュースしている。
2011年京都老舗旅館「然林坊」改装に伴う空間デザイン。
2012年楽天COOL JAPAN ジャカルタ店舗デザイン。
家具メーカーでの指導や、セミナーで数々の講演をこなす中、
能登和倉温泉、加賀屋グループ、ホテル「虹と海」の総合プロデューサーとしても活躍。


今回も、一部の写真を瀧勝巳のパートナー「S.A.D建築設計事務所 代表 片桐 史郎」さんより
夜バージョンをお借り致しました。


「松乃碧」2階コンベンションホール入口

ROCK STONE 「SENTIMENTAL」日本製。
約20年前に手掛けたと思えない今も新鮮なデザイン。
モダンデザインをベースにクラシックの風をとりいれています。

今後コンベンションホールでは様々な会議、各国からも訪れる方達に
岩倉榮利流クラッシックがお出迎えします。
皆様を魅了すことは間違いないと思います。

DSC09900.jpg幅2700 奥行800 高さ680

2016年2月、幕傳4階に展示致します。




皆様、本年誠にありがとうございました。
来年も宜しくお願い致します。

株式会社 幕傳

代表取締役 吉田 憲生

アーカイブ