スタッフblog

MAKUDENスタッフが更新しています。
継具シリーズをはじめ、おすすめの家具などの紹介を不定期で配信しています。

継具ソファこだわりの座り心地のアーカイブ

MAKUDENで大変ご好評の継具ソファ。
その中でも特に腰に優しい座り心地の『腰サポートウレタン内蔵モデル』が人気です。

DSC_1980[1]のコピー.jpg

「腰サポートウレタン」とは

背クッションの腰部分を重点的に内蔵したウレタンです。
腰から背中にかけて姿勢をサポートし、 隙間ができやすい腰部分にしっかりとフィットしてくれるので、安定した座り心地になっています。
さらにサポート性の高い「腰サポートウレタン強化」もあり、腰痛でお悩みの方に大変ご好評頂いています。


腰痛でお悩みの方からもご好評の腰をサポートする安心の座り心地。
実際に納品させて頂いたお住まいの一部をご紹介します。



しっかり座れる日本人の体形にピッタリ合うサイズ感

SOFA M
DSC_4603.JPG DSC_7118.JPG


包み込まれるふっくらとした座り心地とフィット感

MONDO
DSCN5903m.JPGのサムネイル画像 DSC_2700.JPG

デザイン性と心地良い座り心地を見事に兼ね備えた

BONITO
DSC_0856.JPG DSC_6549[1].jpg

しっかりとした座り心地で抜群の安定感

CURVA
DSC_9203.JPG DSC_3380.JPG

座り心地ももちろんこだわって選んで下さっていますが、
張地などのコーディネートも楽しんでお選び頂いています!
張地は現在260種類以上の豊富なバリエーションとなっています。
替えカバーだけのご注文も承っておりますので、メンテナンスについてもいつでもご相談ください。

座り心地を求めるならハイバックソファ!
頭までもたれることができ、からだの全てをソファに預けることができます。
特に男性からハイバックソファの人気は高く、
ヘッドレストで代用されている方も多くいらっしゃいます。

確かに、頭まで安定してゆったりできるソファは気持ち良いのですが、
「ハイバックソファで気に入るデザインがない」
「お店でハイバックソファを見なくなった」
このふたつの悩みに直面します。

ハイバックソファというと往々にして重厚感のある懐かしいような雰囲気のデザインが多く、
モダンな内装のマンション、または北欧家具などの優しいフォルムの家具とも合わせにくいのが現実です。
そして、昨今はLDの中央にソファをレイアウトすることが多いことから、
背の高さがやけに低いソファが一般的になってしまいました。


「座りやすいハイバックでシンプルなデザインがほしい!」

そんなご要望から生まれたのが、KORT(コート) ハイバックです。

251X5090.jpgシンプルでストレートなフォルムがモダンな内装にも馴染みます。
クッション内部にはたっぷりのハンガリー産フェザーが内蔵されているので、
身体全身をふっくらと優しく包み込む座り心地を体感できます。

腰のクッション(ボルスター)も付属され、姿勢を安定させて座り続けられます。

下写真は、身長176cmの男性と158cmの女性が座っている様子です。
頭のてっぺんまでクッションで覆われます。
映画鑑賞をしっかりしたい時、読書に集中したい時、活躍するソファです。
DSC_0367.JPG DSC02754.JPG


そして、新たに誕生した話題のハイバックソファがあります。

seseragi sofa(セセラギソファ)

_51X4705_2p_m.jpgハイバックソファの概念を見事に崩してくれた、唸るほど美しいデザインバランスです!
一目惚れ続出ソファです。

腰のフィット感があるので背当たりも良く、
背の端のカーブ部分に背を当ててもたれると心地良いホールド感を体感できます。
深すぎない奥行きサイズも日本人にとって安心するサイズ感です。

176cm男性もしっかりと身体を預けられます。
女性の多くがソファに対して身体を斜めに座ることが多く、そういった姿勢にもぴったりフィットします。
DSC01757.JPG DSC_8535.JPG


ソファで過ごす時間を大事にしたくなる、安心する座り心地です。
ハイバックソファをお探しの方、まずはこのふたつをお試しください。

腰痛でお悩みの方、ソファ選びにも悩んでいませんか?

「ふかふかなのは気持ち良いけど腰が痛くなる」
「硬いほうが腰に良い気がするけどリラックスはできない」

多くの方がこのようにお考えです。
硬いソファが腰に良い、柔らかいのが悪い、という概念は是非捨てて下さい。

いかに身体にフィットして、姿勢と体重をサポートしてくれるかが大事なのです。


継具ソファには、腰痛の方にお試し頂きたいソファがあります!
背クッションに内蔵された「腰サポートウレタン」が要です。

DSC_1980[1]のコピー.jpg


「腰サポートウレタン」とは

背クッションの腰部分を重点的に内蔵したウレタンです。
腰から背中にかけて姿勢をサポートし、 隙間ができやすい腰部分にしっかりとフィットしてくれるので、安定した座り心地になっています。
さらにサポート性の高い「腰サポートウレタン強化」もあり、腰痛でお悩みの方に大変ご好評頂いています。

腰サポートウレタン内蔵モデルは全部で6種類!
 

SOFA M

身体にフィットするサイズ感が座る人に安心感を与えます。アームの木枠もデザインのポイントになっています。
251X4844_2p_.jpg 251X4867_2p_s.jpg

BONITO(ボニート)

木枠の美しさもさることながら、ソフトで尚且つ安定感のある座り心地を実現しています。
251X4985_2p_s.jpg 251X5017_2p_s.jpg 

MONDO(モンド)

人気の座り心地です。肩までしっかりと包み込んでくれる背クッションが安心感を与えてくれます。
251X5067_2p_s.jpg 251X5076_2p_s.jpg

CURVA(クルヴァ)

しっかりとした座り心地でサポート力の高い仕様のクッションです。大柄な男性でもしっかり座れます。
_51X0993_2p_s.jpg _51X1040_2p_s.jpg

Authenticity TYPE-B

適度なしっかり感とフェザーのソフト感を兼ね備えた人気の座り心地です。重厚な木枠のアームも魅力的です。
_51X4517_2p_m.jpg _51X4525_2p_m.jpg

SOFA AS

しっかり腰を安定させてきちんと座ることができるサイズ感です。女性に人気の座り心地です。
DSC_5020.JPG DSC_5036.JPG

他のモデルの継具ソファにもオプションとして腰サポートウレタンを追加させることもできます!
座り比べ、気が付けば気に入った座り心地のソファは全て腰サポート内蔵モデルだった、という方も多くいらっしゃいます。
特に腰痛でお悩みの方には腰サポートウレタンの効果を実感頂けることでしょう!

腰が安心する座り心地が継具ソファにはあります。
腰痛でお悩みの方、もちろんそうでない方も!安心の座り心地を体感してみてください。

ソファを選ぶとき、ご夫婦で好みが別れませんか?

これは当然のことなのです。
身長も違えば体型、体重も違います。
それに加え、女性と男性では座り方だって違います。

マットレスと同じように、人それぞれ好きなタイプのソファは違うものです。

ただ、ソファはマットレスと違ってそれぞれに1台ずつ好みのソファをリビングに置くとはいきません。
そんなときにオススメしたいのが、
クッション内部にフェザーがたっぷり内蔵されたソファです。


下写真は、身長176cm男性(右奥)と身長158cm女性(左手前)がフェザーが内蔵されたクッションのソファに座っている様子です。
DSC_8667.JPGフェザーが座る人に応じて沈み、からだにフィットしています。
男性側の背クッションの方がしっかりと沈んでいるのが見て取れます。

同様に、座面のクッションもフィットして沈んでくれるので、ご夫婦それぞれに合ったくつろぎをもたらしてくれます。
DSC_7936.JPG DSC_8222.JPG

座る人なりの心地よい座り心地をもたらしてくれるので、多くの方からご好評です!




身長差が30cm近くあるご夫婦の場合はなかなか難しいです。
小柄な奥様に合わせると背の高いご主人は身体が余ってしまい、逆の場合は奥様は足が浮いてしまいます。

そんなときに活躍するのが付属のピロークッションです。
背の高いご主人に合わせてソファを選んだ場合に、女性は付属のピロークッションを背中に当てて座って頂ければ奥行き感を調整することができます。
ピロークッション内部は100%フェザーなので、ぴったりと腰や背中にフィットします。
DSC01847.JPGその他にもきちんと座りたいときにもピロークッションを重ねて頂くと座りやすいです!

実際にお試し頂くことできっと良さをご理解頂けることと思います!

内部構造において重要な要素のひとつが『ウレタン』です。

継具ソファで使用されているウレタンは世界トップクラスの日本製の高密度ウレタンです。
ソファに使用されるウレタンは1㎥20~30kgです。 継具ソファは1㎥50kg~75kgの高密度ウレタンを使用しています。
一般的な20kg程度と比較すると耐久性は倍以上!
(20kgだと6~7年程度でへたりますが、50kgは10年使用してもほとんどへたりません)

からだをしっかり支える座り心地と高耐久性を実現するのが、高密度ウレタンなのです。

それぞれソファによってウレタンの形状(デザイン)も異なります。型に合わせてウレタンを職人がカットしていきます。
ウレタンの比重や厚み、組合せはソファによってそれぞれ違います。座り心地の違いはここで現れます。

DSC_2367.JPG木枠部分がからだに触れても痛くないように、ソファのフォルムを出す為に、カットされたウレタンを木枠全体に貼り付けていきます。

画像 038.jpg画像 049.jpg座クッションや背クッションだけでなく、本体部分にも高密度ウレタン(40kg)を使用しています。
そうすることで、長年使用してもソファ全体のフォルムがだれる事なくずっときれいな状態を保つことが出来ます。
また、全ての部分にウレタンを捲いているので角張った部分がなく、お子様がソファにぶつかっても痛くありません。

ウレタン断面図.JPG上写真のように、木枠の上に
①チップウレタン
②40kg高密度ウレタン
③トリコットファブリック
という順番に貼り付けていき、更にその上にクッションを置いていきます。(背も座も同じ)
①のチップウレタンは超高密度の1㎥100kgです! 通常ソファに使用するチップウレタンの約3倍以上の硬いウレタンを使用します。 それによってより強度を高めることが出来るのです。 

ソファの内部構造は見た目には全く分かりません。 見た目だけでは『良いソファ』かどうかの判断は残念ながらできません。
何十年後も使い続けられるクオリティには高密度ウレタンは不可欠です。
見えない部分にもとだわりぬく、安心・安全・快適の「継具ソファ」です。

アーカイブ