スタッフblog

MAKUDENスタッフが更新しています。
継具シリーズをはじめ、おすすめの家具などの紹介を不定期で配信しています。

継具ソファファブリックのアーカイブ

ソファの張地選びは楽しいですが、
お住まいの床の色や他の家具との相性、そしてカーテンとの兼ね合いなど、
案外張地選びは頭を悩ませるものです。

「ベーシックなベージュ系やグレー系もいいけれど、何かアクセントカラーを取り入れたい」
こうお考えの方がたくさんいらっしゃいます。
しかし、派手すぎ過ぎる色や柄ものはすこし躊躇してしまうものです。

そこで、取り入れやすいのがグリーン系のファブリックです。
グリーンはアクセントとして抵抗なく取り入れやすいカラーリングで、
特に木枠ソファの場合は木部とよく馴染むので合わせやすいです。
穏やかな雰囲気になって、それでいてアクセントとしても効果的です。

継具ソファでは、グリーン系のファブリックを多数取り揃えています。

深いモスグリーンからパステル系の爽やかなライトグリーンなど、多種多様なラインナップになっています。
織りの細かいものからツイード調のラグジュアリーな張地、そして柄の入ったものなど様々です。
肌触りもそれぞれ違うのでお好みに応じてお選び頂けます。

北欧系インテリアにも、スタイリッシュなお部屋にも、そして和のお部屋にもオススメです。

DSC03622.JPGDSC03626.JPG
木枠ソファとは相性抜群!
ウォールナット、ブラックチェリー、オーク、全てグリーンと合わない木材はありません。
また、カーテンや床がどんな色でもだいだい合うのでコーディネートもしやすいです。
DSC_4340.JPG DSC_6549[1].jpg
DSC_6712.JPG DSC_4603.JPG

もちろんフルカバーのソファにもおすすめです。
継具ソファは豊富な張地ラインナップになっているので、2トーンにしたり人とは違うカラーリングも楽しめます。
DSC_3982.JPG DSCN1524m[1].jpg

他にもまだまだおすすめ生地はあります。
継具ソファの大きな魅力であるファブリックを是非楽しんで頂きたいと思います!

継具ソファの張地は250種類以上の豊富なラインナップから、
自由なコーディネートができます。

一般的なソファは1種類の生地を選ぶだけなのですが、
お部屋のイメージに合わせて多色使いのコーディネートも可能です!

その中でも、本体と背・座クッションの色を分ける2色使いが人気です。
実際に2色のコーディネートをされたお住まいをご紹介致します。


ホワイト×ブラックのモノトーン

スタイリッシュなお部屋にもぴったりで、自然素材の柔らかな生地であれば印象もキツくなりすぎません。

DSC_3194.JPGDSC_9720.JPG
同系色のグラデーション

色の違いが緩やかであれば多色使いもしやすいですね!
上品で、優しい雰囲気のお部屋になります。

DSC_2892.JPGDSC_2491.JPG
素材感が違う生地を合わせる

ツイード調生地とプレーンな生地、革とファブリックなどの組み合わせもおすすめです。
高級感があり、リビングの主役らしいコーディネートです。

DSC_2683.JPGDSC_4150.JPG
ソファは張地でガラリと印象はかわりますね!
季節に応じて、クッション部分だけのカバーを着せ替えてみたり、
カラーリングも楽しみながらソファライフを満喫して頂きたいと思います!

10月に入り、身なりも秋の装いになる今日この頃。
お洋服だけでなく、お部屋も合わせて秋色に衣替えしてみませんか?

お部屋の全ての家具を総取り替えするのではありません!
ソファのカバーを掛け替える、
クッションのカバーを替える、
これだけでもお部屋は変身してくれます。

1年中人気のカラーではありますが、
紫色の生地はこれからの季節の空気によく似合います。

紫、と一言で言ってもたくさんの色味があります。
青みが強い紫はかっこいい印象に、
赤みが強い紫はエレガント印象に、
グレーがかった紫は高級感がある・・・など様々です。

継具ソファの魅力である豊富な生地のラインナップの中にはたくさんの紫色があります。

DSCN9113.JPG色合いだけでなく、織りや厚み、風合いもそれぞれ個性豊かに揃っています。
モダン、北欧、和、どんなお部屋にも似合います。

紫、というと何となくコーディネートが難しそうに感じるかもしれませんが、
全くそんなことありません。
意外と合わせやすいのが紫なのです。


紫色の張地はMAKUDENでも人気があり、多くの方からご好評です!

木枠ソファとのコーディネートもおすすめです。
特にウォールナット材と合わせると高級感が醸し出されます。

DSC_0854.JPGDSC_4200.JPG
グラデーションのカラーリングや、アクセントカラーを取り入れたりもしやすいです。
他色使いすることで更に華やかな雰囲気になります。
他にも、グレーやホワイトのモノトーン、淡いベージュ、ピンク、そしてシルバーやゴールドも似合いますね。

DSC_2901.JPGDSC_3319.JPG
淡い色合いの紫は爽やかな雰囲気にがらりと変わります!
北欧系などナチュラルなお部屋にもピッタリですね。

DSC_0325.JPG
色・生地が違うだけで、ソファは全く別ものに変身します。
最も手軽にできるリフォームのひとつと言えますね。

ソファがすこし変身するだけで、リビングにいるのがすこし楽しくなるものです。
これから寒くなって家にいる時間がより長くなる季節です。
見ているだけでも居心地よく感じさせてくれるインテリアをつくってみませんか?

ソファはお部屋の中でも大きな面積を要するので、どうしてもシンプルでオーソドックスな張地を選びがちです。
周りのカーテンやラグ、チェアとの組み合わせを考えると、柄のあるような生地はためらってしまう気持ちはわかります。
ソファは高い買い物ですから、失敗したくない!という気持ちもあるかと思います。

ただ、お部屋の面積を取るからこそ、ソファはお部屋の主役になる存在です。
ソファは主役らしいコーディネートをしてあげたいと思っています。

もちろん、ベーシックなカラーリングのソファにしてもいいと思います。
そこで差を付けるのがファブリックの質です。

上質なファブリックはソファの格を確実に上げます。
同系色のファブリックにされても、グラデーションカラーでクッションを2~3個組み合わせられると華やかさがあります。
あえてアクセントカラーではなく同系色のグラデーションのカラーリングにすることで大人なインテリア空間になります!


そんなコーディネートにおすすめしたい新生地をご紹介します。
大人なラグジュアリー感が漂う「MLIシリーズ」です。
(コットン100%)

DSC02045.JPG

引き続き継具ソファの新生地をご紹介します。

継具ソファのファブリックはイタリア製を中心とした華やかなラインナップです。
今回入荷新生地を含めると260種類以上もの生地が揃い、張地サンプルコーナーはさらにボリュームアップしています!
一部北欧製のファブリックをありますが、イタリア製ならではの豪華な織り、美しい色彩、上質な質感はいずれも魅力的です。

主役になる華やかでかわいい新生地が入荷しました!
不規則に並んだドット柄がかわいい雰囲気の「MZKシリーズ」です。
(コットン88%、ポリエステル12%)

DSC02029.JPG

アーカイブ