スタッフblog

MAKUDENスタッフが更新しています。
継具シリーズをはじめ、おすすめの家具などの紹介を不定期で配信しています。

URBANのアーカイブ

納入事例/継具ソファ「URBAN」

| コメント(0)

シャープなフォルムと弾力性のあるクッション性で人気の「URBAN(アーバン)」
2トーンカラーのコーディネートで納品させて頂きました。

DSC_4237.JPG

納入事例/継具ソファ 「URBAN」

| コメント(0)

クッションにフェザーを内蔵せず、高密度ウレタンのみでコシのある座り心地の「URBAN(アーバン)」。
3人掛けのシンプルモダンなコーディネートで納品させて頂きました。
DSC_9382.JPG

新しい家に引っ越しをしたら、新しい家具を買ったら、人を招待したくなりませんか?
ご友人や家族を招いてリビングでホームパーティなんて楽しいと思います。
ママ友たちと集まってお茶をしたい、
家族が集まってみんなで過ごしたい、
もともと人がよく集まる家、
そんな暮らしにオススメしたいソファが「URBAN(アーバン)」のカウチスタイルです!
_51X4645[1].jpg _51X4560_2p_m.jpg
カウチソファのサイドにもクッションがセットできるようになっているので大人数で座りやすくなっています。

一般的なカウチソファはサイズが大きくても案外人数が座れないことが多いです。
下の図は一般的なカウチスタイルのサイズ感です。
角の部分は膝が当たってしまって座りにくく、カウチソファ部分は結局寝る為だけのスペースになりがちです。
更にはコーナー部分は座ることも出来ずにデッドスペースになってしまいます。イメージ図.jpg
URBANの写真ソファのサイズは幅299cm、奥行き220cmです。
カウチの長さが2m以上のサイズがあるのも魅力です!
(一般的なカウチソファは140~160cm程度)
そして、座面のクッションはフラットなワンシートクッションになっているので座る場所が制限されず、どこに座っても同じ座り心地になっています。
大人5人集まっても十分にゆとりをもって座ることができるサイズ感です!


シーン①
ホームパーティの始まりです。あともうひとりぐらいは座れそうです。お子さんならあとふたりは座れそうですね。DSC_8916.JPGシーン②
大人5人集まってもゆとりがあります。窮屈さを一切感じさせません。DSC_8937.JPGシーン③
継具ソファは本体のアームにもウレタンをしっかり貼っているのでアームに気取って座れます。へたりにくいウレタンを使っているのでこどもさんがぶつかったり、よじ登っても大丈夫です。DSC_8943.JPGシーン④
ダイニングのチェアを持ってきて空間を広く使うのもオススメです。疲れた人はカウチソファで眠ればいいのです。DSC_8958.JPGシーン⑤
チェアをカウチソファの方に持って行き、サイドテーブルを組み合わせればPCを見たりゲームをすることも。DSC_8977.JPGDSC_8971.JPGシーン⑥
背クッションは置き型タイプなので、座る人それぞれのくつろぎスタイルに応じて使い分けることができます。置く向きを変えたり、外したり、重ねて使ったり、フレキシブルに活用できます!DSC_8994.JPGダイニングではなく、ソファで集まることができると贅沢なくつろぎを堪能することができることと思います。
ホームパーティを楽しみたい方はURBANのある暮らしをきっと気に入って頂けることでしょう!
もちろん、家族だけの団欒もゆったりと過ごすことができます。
リビングの主役としてURBANをむかえてみませんか?

スタイリッシュなデザイン性とコシのある座り心地で人気の「URBAN(アーバン)」。
座面はフラットなワンシート仕様になっており、フェザーを一切使用しない高密度ウレタンのみのクッションになっています。

そんな構造だからこそのメリットがあるのです。
URBANはデイベッドとしても使うことができます!!

_51X4560_2p_m.jpg普段はもちろん憩いの場として活躍するソファです。
家族が揃って座りたい時、来客時に多く座りたい時、そんな場合もフラットなワンシート仕様なので座る場所が制限されず便利です。
背クッションも置き型なのでくつろぎのスタイルに応じて重ねたり、動かしたりしてお使い頂けます。
DSC_6892.JPG DSC_6878.JPG

そして、家族やお友達が泊まりに来るとなった時にURBANはベッドに変身します。

①まずは背クッションをどかします。これだけでもう寝られそうです。
②座面にシーツを掛けます。
DSC_6905.JPG DSC_6909.JPG

URBANがベッドになりました!
写真のようなL字型であれば2人が余裕をもって寝ることができるほどのスペースがあります。

DSC_6924.JPG身長158cm女性と176cm男性が2人横になっても十分寝られました。
座り心地だけでなく寝心地も抜群で、ぐっすり朝まで眠れそうです。
ちょっとお昼寝でウトウト、なんていうのも最高に気持ち良いでしょう・・・

DSC_6948.JPGDSC_6984.JPG奥行きにも寝るのに十分なサイズ感です。
座面にフェザーが入っていないのでふかふかし過ぎず、だからと言って硬すぎない寝心地になっています。
URBANならお客様にも「ソファで寝て下さい」と言いやすいのではないでしょうか?


また、URBANはカウチソファのみをお部屋に置いて頂くのもオススメです。
一般的なカウチと違い、アーム側にも背クッションが2つ付いているのでカウチソファ単体で置いても見た目に良いです。
普段は勿論ソファとして使い、上記と同様にベッド仕様に変身させればあとはもう寝るだけです。
DSC_7017.JPG DSC_6990.JPG


所謂、『ソファベッド』とは違います。
ソファベッドの多くは折り畳み式になっていて、寝る時は背もたれを倒してベッドとして使用します。
可動式では内部構造にこだわって、身体にフィットして座り心地が良く、メンテナンスが出来て、というクオリティを保って製作することは厳しいのが現実です。
ソファの存在意義は、いかにくつろいで座ることができるか、それが大前提です。


時にベッドに変身するURBANは様々な生活シーンにフレキシブルに対応できるのが魅力です。
こんなソファ生活をしてみませんか?

  • 1

アーカイブ