スタッフblog

MAKUDENスタッフが更新しています。
継具シリーズをはじめ、おすすめの家具などの紹介を不定期で配信しています。

RIMAGOのアーカイブ

新入荷した継具ソファの新作「RIMAGO(リマゴ)」
実際にどんなスタイルで過ごすことができるのかをご紹介します。

自宅のソファにきちんといつも座っている、という方は少数です。
多くの人がゆったりと、ダラダラと、ソファで過ごすものです。
そんな方にピッタリのソファなのです。


RIMAGOの特徴である座面。

フラットなワンシートクッションの上では、畳の上でくつろぐようなスタイルを堪能することができます。
下写真は身長176cm男性が脚を投げ出して座った様子です。
座面が1枚のシートになっていることで、横になるのもしやすいです。

DSC04312.JPGまた、多くの女性は脚を上げてソファの上で斜めに座ったり、脚を抱えるように座ることがあります。
下写真は身長164cm女性が座った様子です。
ソファの上でくつろぐスタイルにピッタリのサイズ感です。

あぐらをかいたり、うたた寝したり、映画鑑賞に没頭したり、思い思いにくつろいで頂けます。

DSC04356.JPG

また、ソファのコーナー部分も活用することができます。

コーナーに背中を当ててもたれることで、身体にフィット感を与えます。
ソファに対して身体を斜めにしてくつろぐのにもピッタリです。

アーム~背の高さは、腕を掛けるのにも丁度良い高さバランスです。

DSC04309.JPG座面部分の奥行は70cmと広めになっていますが、
きちんと座ることもできるサイズ感です。
女性であれば、腰にオプションのクッションを重ねて座って頂くとよりフィット感があります。

DSC04329.JPGDSC04346.JPG
そして、デザインの最大の特徴である幅20cmの分厚いアームと背。
アームと背が一体化し、厚みがあるのでここに座ることも出来ます。

DSC04382.JPG


日常で使用する中で、アームに少しだけ腰かけたりすることありませんか?
または、こどもさんがアームや背からよじ登ってソファに座る、という場面もあるかと思います。

本体にも厚みのある高密度ウレタンを張っているのでフォルムが崩れにくく、
内部の木枠の角張った部分は全く当たりません。

どこに当たっても角張った痛い場所は無いので、小さいこどもさんがいるお宅でも安心してお使い頂けます


アームの厚みがあることで、コップやケータイ、リモコンなども置くことができ、
サイドテーブルとしても活躍してくれます。

DSC04371.JPG

背の高さが64cmと低めなので、LDの中央にレイアウトするのにもピッタリです。
一般的なダイニングテーブルの高さよりも低いので、目線が遮られることもなく、
空間を広く感じさせてくれることでしょう!


RIMAGOのデザインはシンプルモダンですが、
日本人のくつろぎスタイル、日本の住空間に、寄り添ったデザインになっています。

継具ソファ 新作「RIMAGO」の魅力

| コメント(0)

新しく入荷された継具ソファ新作「RIMAGO(リマゴ)」
シャープなフォルムで、店内でも際立っているようです。

DSC03852.JPG本日は注目の新作「RIMAGO」の魅力をご紹介します!


ソフトな感触と安定感を兼ね備えた座面

座面には高密度ウレタンを内蔵しています。
1㎥55kgもの高密度ウレタンを使用することで、高い耐久性を実現しています。
ウレタンを3層構造にし、ただ丈夫で硬いのではなく、しなやかに身体にフィットするようになっています。

表面には高級羽毛で使用されるハンガリー産フェザーを使用しています。
触れた時に優しい感触になり、フェザーならではの心地よいフィット感が生まれます。

DSC03881.JPG

優れたメンテナンス性

継具ソファの特徴とも言える高いメンテナンス性も魅力のひとつです。
張地は布でも本革でもフルカバーリング仕様です。
ご自身で着せ替えすることができるので、張地が劣化した場合も簡単にリフレッシュできます。

それと同時に、中材のウレタンやフェザーもすべてパーツ交換が可能です。
いくら高い耐久性の素材も、全く変形せずに劣化しないものは存在しません。
長く使用し続けることで、以前の座り心地とは変わってしまうものです。
そんなときもわざわざソファ本体を工場へ送る必要もなく、簡単にご自宅でメンテナンスすることができます。


DSC03893.JPG

豊富な張地バリエーション

イタリア製のファブリックを中心に、約260種類以上ものバリエーションからセレクト可能です。
クッションと色を張り分けたり、お好み応じてコーディネートすることもできます。
ファブリック以外にも、上質な国産本革もございます。

さらに、カバーはアパレル用のミシン緻密に縫製されているので
何度も掛け替えても裂けてきたりしにくいです。

fabric_e02_zs[1].jpg


国内で受注生産

すべてご注文をお受けしてから製作する受注生産品です。
信頼できる職人たちによって、丁寧に製作されています。
座り心地の要でもあるウェービングテープも手作業で張りこみます。

こうした手間を惜しまないものづくりが、高い品質を実現しているのです。
DSC_22622.JPG DSC_2331.JPG


安心の10年保証

20年、30年後を見据えたものづくりをしています。
「代を引き継でも末永く使い続けて欲しい」
そんな願いから、MAKUDENでは継具ソファ全てに10年保証をつけています。


ソファの上で過ごす時間をより上質なものにする、こだわりのソファです。
両アーム無しのモデル(幅150cm)もございますので、組み合わせてL字型にすることもできます。
また、オットマン(幅92cm×奥行70cm)もございます。
お部屋や生活スタイルに合わせてお選びください。

MAKUDENで大変ご好評頂いております継具ソファ

『次の世代にまで引き継ぐことができる』をコンセプトに、
末永く使うことができる内部構造と容易なメンテナンスを可能にするソファを取り揃えています。

継具ソファは日本人による、日本人の為のソファです。
からだがフィットするサイズ感、そして日本の住空間に設置しやすいサイズバリエーション。
日本の暮らしに基づいてデザインされているから、世代を超えて多くの方から喜ばれているのでしょう。


この度、継具ソファから新作ソファが登場しました!
ストレートなラインのデザインと、広々とした座面の上でくつろぐことができる

「RIMAGO(リマゴ)」

DSC03852.JPGサイズ:W195×D92×H64×SH36(cm)
写真張地:F12-IV(Cランク)
価格:¥349,920~
※張地によって価格異なります



座面はフラットなワンシートクッション仕様です。

高密度ウレタンを中心とした、しっかりとした安定感のある座り心地になっています。
クッション表面にはハンガリー産フェザーも内蔵され、からだへのフィット感も体感できます。

座面の奥行は70cmあり、大柄な男性でも余裕を持ってあぐらをかくことができます。
畳の上でくつろぐスタイルをそのままソファで体感できるので、座る人それぞれ自由にくつろいで頂けます。
それでいて全体の奥行のサイズは92cmなので、一般的なソファの奥行サイズです。
お部屋の中で場所を取り過ぎることなく、広々使うことができるソファです!

DSC03881.JPGオプションのクッションを追加して背中に当ててきちんと座ったり、
枕として使うのもオススメです!
使い勝手だけでなく、見た目にも華やかな印象になります。
上写真は45cm角のクッションを合わせていますが、大小様々なクッションとコーディネートを楽しんで頂けます。
ソファ本体のデザインがシンプルだからこそ、クッションを使ったアクセントのカラーコーディネートを楽しみやすいです!



目を惹くのは幅20cmの分厚いアームです。

アームが背と一体化したデザインになっており、潔いフォルムがスタイリッシュな印象を与えます。
アーム部分にも内部に高密度ウレタンをしっかりと張っており、型崩れがしにくくなっています。
アームに座ったり、背もたれにしても内部の木枠の角張った部分が身体に当たらないので、クッションを追加しなくても十分気持ち良いのです。

DSC03880.JPG

また、アームと背が一体化していることで後姿も魅力的になりました。

すっきりとした後姿は、カバーリングソファにありがちな背中の中央にファスナーが付くこともありません。
LDの空間の間仕切りとしても効果的で、昨今の住空間にレイアウトしやすいデザインです。

DSC03868.JPG
新作の「RIMAGO」はMAKUDEN 2Fに展示しています。
新しい継具ソファの座り心地を是非体感してみて下さい!

  • 1

アーカイブ