スタッフblog

MAKUDENスタッフが更新しています。
継具シリーズをはじめ、おすすめの家具などの紹介を不定期で配信しています。

【毎月14日は椅子の日】 贅沢にくつろぐならハイバックの椅子

| コメント(0)

14日(イスの日)にちなんで、おすすめの椅子をご紹介致します。


ダイニングチェアを買うにあたり、どんな基準で選んでいますか?
まさか、見た目とサイズだけで選んでいませんか?

ダイニングチェアを選ぶときにちゃんと考えないといけないのが、
『ダイニングでどう時間を過ごすか』ということです。

食事だけの短い時間しか過ごさない人と、
ソファよりもダイニングにいる時間が長い人とでは
選ぶべきダイニングチェアは全く違うものです。

ソファよりもダイニングにいる時間が長い人にオススメしたいのが、
「ハイバック」です。

DSC09887.jpg
「ハイバック」というのは、背もたれの高い椅子のことです。
ダイニングで食後もTV鑑賞をする人や、長い時間晩酌していたい人、
特に男性から根強い人気があります。


最大の魅力は、肩までもたれられる抜群の安定感。

背中全体でもたれることができるので、大柄な男性でも楽に身体を預けられます。
下写真のように肘付なら更なるくつろぎを得られます。

DSC_4575.JPG
そして、お部屋の主役に相応しい豪華さ。

ハイバックの椅子は高級感があり、贅沢な気持ちにさせてくれます。
見栄えの良さは抜群ですね。

3F_restaurant_09_m.jpg
さらに、腰にフィットする美しい曲線。

MAKUDENで取り扱うハイバックチェアは、美しい反りの曲線を描いています。
人の身体の腰の曲線にフィットし、姿勢が安定します。
(一般的なハイバックチェアの中には、ただの直線の背もたれになっている椅子も多く、
背当たりが良いとはお世辞にも言えません...)
そしてそれは優雅なシルエットとしても魅力を発揮しています。

DSC0990腰フィット.JPG

MAKUDENではハイバックの椅子を数多く取り揃えています。


タクミカンファニチャー「201」

MAKUDENプロデュースのタクミカンファニチャー。
2015年にグッドデザイン賞を受賞し、座り心地の良さを品質の高さで注目を集めています。
見栄えの華やかさNO,1の椅子です。

_DSC3194_2_m.jpg
タクミカンファニチャー 「202」

上写真「201」と同じくタクミカンファニチャーの椅子です。
背もたれの2本のラインがエレガントな印象を与えます。女性からも人気のデザインです。

_DSC3256_2_m.jpg
高山ウッドワークス 「W552」

MAKUDENでもロングセラーの愛され続けている椅子です。
背中全体を包み込むもたれやすさと、穏やかな優しい雰囲気はずっと愛用したくなる存在です。

DSC_6583[1].jpg
ROCKSTONE 「GERRARD(ジェラード)」

スタイリッシュであり、優雅でもある、美しいデザインです。
流れるような格子の曲線がお部屋の中で華やかに際立ちます。

DSC_8392.JPG
今回ご紹介させて頂いたのは、すべて岩倉榮利デザインです。
ただ背もたれが高いのではない、どこか妖艶な美しさを感じさせるのは、
曲線の使い方ではないでしょうか。

それは背当たりの良さでもあり、美しさでもあり、どちらをも兼ね備えた絶妙なバランス感覚だと思います。
背もたれが低くて美しい椅子も勿論あるのですが、
やはりこの豪華さと華やかさはどうしても敵いませんね。

今回ご紹介させて頂いたハイバックの椅子は、すべてMAKUDENに展示しています。
優雅な座り心地を是非体感してみてください。

アーカイブ