MAKUDEN

facebook

main01 main01s

1235DC

岩倉榮利が織りなす和のモダン『楽風庵』。
水牛の革を職人の手作業で丁寧に編み上げた贅沢な表情のダイニングチェア。
インドネシア(セブ)では、高い湿気の気候に適した通気性の良い編み物の文化が古くから根付いています。編むことで強度は増し、隙間が生まれることで高い通気性に富んでいます。その土地ならではの工夫が家具作りに生かされています。インドネシアの籐や革や日本の畳も、編み込みの技術を生かした文化です。革を編み込むことで形成された「楽風庵」のモダンデザインのシルエットの中に、日本的要素が感じられるのは、アジアの「編み」の思想があるからです。座面が幅広なので、上であぐらをかいたり、座面も低めなので足を投げ出して寛ぐことも出来ます。さらに、座面と背もたれが身体のラインに沿ってフィットしてくれるので、食事中だけでなく食後の寛ぎのひとときや、来客時にも心地良い時間をもたらしてくれます。

FEATURE

リビングのくつろぎをダイニングで

リビングでくつろぐ感覚を体感できる低い座面設定。脚を投げ出したり、胡坐をかくこともできるゆとりがあります。

革を編む

水牛皮革を職人が手作業で編込んでいます。他の革張りとも全く違う、美しい立体感がラグジュアリーな空間へと誘います

SPEC

1235DC

サイズ:W58×D56×H74×SH37
材質:背・座/牛皮革編み(ビニール樹脂塗装)
   脚/スチール
価格:101,520(税込)

host chair(肘付き)¥151,200(税込)
在庫状況によりお待ち頂く場合がございます
詳しくはスタッフにお問い合わ下さい

RECOMMEND

KABUTO

KABUTO

美しい曲線美とフィット感

1235DC

1235DC

アジアの中の日本

W531

W531

美と強さが調和した椅子

PM138

PM138

スタイリッシュに彩るイージーチェア